トップへ  偽りの夢=欲望  Lie Dream = Desire  戻る

(English)

There seem to be a lot of people who are misunderstanding the dream and the desire though there are a lot of people who think, "The dream is important".
It is big love, and mind "Contribution to society" that wishes the future of a better human race is a dream of adding not small egocentric love but reason.

Human race's dream must be "A good society will be left in the future. "
The basis must be equal to an individual dream.

Word "Contribution to society" is the one that cannot be understood at all for man who doesn't have reason.
Therefore, the target for man who doesn't have reason is only a desire and exists.

The word "Contribution to society" and "Dream" that man who doesn't have reason uses,
It is not division to which the meaning of the truth is understood.
In the use of the word, "The self-performed action is justified" It doesn't pass though it knows.

(Japanese)



 「夢は大切」と思う人は多いのですが、夢と欲望を勘違いしている人が多いように思えます。
 自己中心的な、小さな愛ではなく、理性を加えた、大きな愛で、より良い人類の未来を願う心「社会貢献」が、夢です。

 人類の夢は、「より良い社会を、未来に残すこと」であるはずです。
 個人の夢も、根底は同じはずです。

 理性を持たない人間にとって、「社会貢献」という言葉は、到底理解できないものです。
 従って、理性を持たない人間にとっての目標は、欲望でしかありません。

 理性を持たない人間が、時たま使う「社会貢献」や「夢」という言葉は、その真の意味を理解している分けではなく、
 その言葉を使うことで、「自分の行動を正当化できる」ということを知っているに過ぎません。

夢主義社会
著者:大森誠司
発行:ブイツーソリューション
発売:星雲社
本の大きさ:B6サイズ
ページ数:172頁
発行年月:2007年12月
ISBN978-4-434-11350-5
価格:1,500円+消費税