夢主義社会トップへ 3人乗り自転車よりも在宅勤務   2009年06月30日  戻る

3人乗り自転車よりも、母親が小さな子供を連れて外出しなければならない状況を改善すべきです。
電動アシスト、シティサイクル、折りたたみ自転車、紫外線対策

仕事は、できるだけネットを使い自宅で行えるようにすべきです。
最近は、在宅勤務を取り入れる企業も増えているようです。
在宅ワークを増やせば、子供を保育所に預ける必要も無いでしょう。
※但し、ネットでは怪しい在宅ワークに勧誘するサイトも多いので注意が必要です。

買い物は、大抵の商品は、ネットで購入できます。
※ちなみに、薬のネット販売禁止は問題です。時代に逆行しています。

また、短時間であれば、監視カメラを設置した個室の中に子供を残して外出し、
外から携帯で監視する方法も良いのではないでしょうか?
安全・安心は監視カメラで守る
ロボットに子供の相手をさせても良いでしょう。
ロボットが人類の未来を救う

少なくとも、自家用車の中に置いたままにするよりは良いと思います。
セコム等の防犯会社に監視を依頼する方法もあります。
他に、家政婦(出張保育士?)に、短時間依頼するというのも良いでしょう。

都会の保育所は、定員超過で、芋を洗う状態のようです。
このような環境で育った子供は、人間関係を上手にやり取りできるようになるかもしれませんが、反面、落ち着きが無く、情緒不安定な子供になるかもしれません。

本来、子供は、田舎で育てるべきです。
在宅ワークやネット販売を利用すれば、都会に住む必要はありません。