トップへ  【虹色夢伝説】SF熱血美少女ファンタジー物語 Act.30  戻る   
★宇宙へ編

3日後、救われた人類は、落ち着きを取り戻しました。
テレビのニュースで、国連の代表が、全人類に向けての談話をしていました。
「全ての生命が手をつなぐ事で、地球は救われました」
「今回の件で、我々人類は、地球の生命の一つに過ぎない事を理解しました」
「地球は人類のモノと思っていたのは、身勝手で横暴でした」
「地球は、様々な生命が次々に生まれる、生命の泉なのです」
「地球で十分に成長した人類は、地球から旅立つのが定めです」
「我々人類は、今後、30年掛けて、宇宙へ出て行きます」
「地球は、他の生命の自由に任せます」

このニュースを、自称:神様集団も見ていました。

ネズミ:
「流石、ゴキブリ女王です」
「人類が手をつないだ瞬間、全人類を洗脳したんですね」

ゴキブリ女王:
「いえいえ、私は洗脳なんかしていません」
「逆に、洗脳をリセットしてあげたのです」
「無意味なマネーゲーム社会で洗脳された人類を、リセットしてあげたのです」
「リセットされた結果、人類は自ら正しい道を見出したのです」

3年後、人類は宇宙エレベーターを完成させ、その祝いの式典が始まりました。
式典司会者
「皆様、人類は宇宙エレベーターを完成させました」
「当初は、30年掛かると言われていた宇宙エレベーターですが、
宇宙連合から来られたミスターXの協力により、3年で完成できました」
「宇宙には、巨大な宇宙コロニーも完成しています」
「全人類が宇宙コロニーに移住後、宇宙コロニーは移動して、
太陽に対して、地球と反対側の位置で、地球と同じ軌道を回る事になります」

「さらに、御祝いがあります」
「宇宙連合ミスターXと、月星人バニーの結婚式です」
「今まで、我々地球人類は、宇宙連合の存在も、月星人の存在も知りませんでした。」
「これからは、宇宙へ出て、宇宙連合の一員として、地球を見守りたいと思います。」

そして、宇宙連合ミスターXと、月星人バニーの結婚式が、華やかに行われました。

この後、宇宙エレベーターが稼働し、人々は順次、宇宙へ出て行きます。
宇宙エレベーターは、夢エネルギーを利用し、虹色の光の輪を放ちながら、宇宙へ上昇します。

      


「レインボー ドリーム エンジェル」


※このアニメの画像は、Poser(3Dアニメーションツール)で作成しました。

<Poser素材情報>
フィギュア: DAZ3D Aiko 3, BelBel, テライユキ
髪: DAZ3D Aiko3Hair
衣装:A3Collection By Yamato氏
地球:Home Planet 

Poser+Flashでアニメーションで様々な動画をお楽しみ頂けます。